「壁面を貸し出すことで、
街の活性化に参加できる」

株式会社 董花 事業部 唐澤桃子 様

Vol.1

OWNER INTERVIEW

Q1 壁面を貸し出そうと思ったきっかけは何ですか?

興味を持ったきっかけは、「収益の獲得」や「東急株式会社の新規事業」であるといった点、また、壁面を貸し出すことで「街の活性化」に貢献できるということが大きかったです。

弊社は渋谷に事務所を構え、近隣に数件のオフィスビルを所有しており、渋谷の街に何か貢献したいという想いを持っています。
ROADCASTが扱う広告には、QRコードやビーコンなどと連動させ、渋谷の街を歩き回ってもらうような企画を行うこともあるとお伺いしました。

壁面を貸し出すことで、物件や物件近くの路地にも人通りを増やすことができるかもしれず、渋谷の街の活性化に参加できるのであれば、意義がある活動だと思いました。

Q2 壁面提供の決め手は何でしたか?

原状回復が容易だということが一番の決め手でした。

弊社では、オフィスビルを所有しテナント様へ事務所や店舗として賃貸していますので、管理や運用の面で、外壁の状態にはすごく気を遣っています。ROADCASTの広告の掲出方法は、シート上のポスターを、専用のシールを使用し、壁面に直接貼り付けているため、外壁が痛みにくいというご提案をいただき、それであれば、壁面を貸し出ししてみようと決めました。

また、テナントビルの場合、入居いただいているテナントさまの邪魔にならない広告であることが前提にあるため、建物の雰囲気を損ねる広告は避けたいと考えています。ROADCASTの場合、事前に広告の内容について共有していただけるので、あまりに華美なデザインの広告など内容によっては、掲出拒否をすることもできますし、万一、掲出後に何か不具合があった場合でも、簡単に貼って剥がせる仕様のため、すぐに広告を撤去して貰えるという点も決め手になりました。

Q3 壁面貸し出し後、変化や反響はありましたか?

▲[ユーエスト青山]東京都渋谷区渋谷1-20-26
※建物の外壁をお貸出しいただいた活用例
弊社が貸し出しをしている掲出場所が大通りに面していない場所ということもあり、広告を掲出してからも、これといったトラブルはなく、周辺環境に大きな変化はありません。
変化がないということは、それだけ街に馴染んでいるということだと思うので、我々としては良いことだと思っています。

また、社内でも一定の評価を得ています。例えば、駐車場を貸し出すにしても、契約の手間などが発生しますが、ROADCASTの場合、広告掲出の申請作業なども一貫して対応していただけるため、全く手間がかかりません。

先日、経理担当に入金の報告をした際に、「手間もかからず、広告のトレンドも知ることができて、且つ収益をいただけるなんて、非常に有難いお話だよね」と話題になりました。

お貸出しいただいている
不動産活用例

  • ▲[原宿董友ビル]東京都渋谷区神宮前6-10-9
    ※敷地内の物置の壁面をお貸出しいただいた活用例

  • ▲[第二榮來ビル]東京都渋谷区渋谷1-3-8
    ※駐車車室の壁面をお貸出しいただいた活用例

お問い合わせお問い合わせ